体の悩みカテゴリの記事一覧

肥満遺伝子あってもやせられる

  
遺伝子ダイエットは、一見理にかなったダイエット方法のような気がしましたが、この調査によると、そうではない部分もあるみたいですね。

確かに、ものすごく太っている子の親御さんが痩せていたり、兄弟で片方だけが太っているなんていう場合もありますよね。

まあ、一緒に食事をしているわけですから、親がたくさん食べれば子どもも食べるし・・・という、生活習慣から来ているところが大きいのではないでしょうか。

だから、親が食事に気を使って、バランスのとれた食生活をしていれば、そう極端に太ることはないはずですよね。

だいたいが、太っている人は、精神的なストレスで過食になる場合が多いみたいですから、やはり生活全般を見直して、ストレスの元になるものを絶つ(これが難しいんですけどね)しかないんですよね。

 肥満になりやすい遺伝子変異を持っている人でも、持たない人と同等にやせられることを、栗山進一・東北大准教授(公衆衛生学)らが調査で示し、米医学誌「メタボリズム」電子版に発表した。遺伝子を調べて肥満体質の型を判断し、効率的な減量法を指導する「遺伝子ダイエット」が話題だが、栗山准教授は「現時点で科学的根拠があるとは言いがたい」と指摘する。 調査は、福島県内で実施した減量教室参加者のうち同意が得られた40〜60代の37人(男性9、女性28)に対して、「β3アドレナリン受容体遺伝子」の変異の有無と減量の関係を調べた。同遺伝子は代表的な肥満関連遺伝子で、これに変異がある人は変異がない人に比べて基礎代謝が低いため、肥満になりやすいとされている。 被験者のうち、変異があったのは12人。肥満の程度を示すBMI(体格指数、25以上が「肥満」)は、「変異あり」群の平均が25.6、「変異なし」群は24.8だった。 全員に対して保健師や管理栄養士が6カ月間、食生活や運動を指導した結果、変異あり群の体重は平均2.52キロ減り、BMIは1.08減った。一方、変異なし群は体重1.89キロ減、BMI0.8減という結果で、両群の間に統計的に意味のある差はなかった。 栗山准教授は「遺伝子変異の有無にかかわらず、同じ方法で同程度の減量ができた。遺伝子変異だけが肥満を起こすわけではなく、両者の関係にはまだ議論がある」と話す。【大場あい】【関連ニュース】 クローンマウス:凍結保存の死滅細胞で…世界初の生命復活 iPS細胞:ウイルス使わず作成、実験成功…山中教授ら 秋の褒章:761人28団体に 慶大:iPS細胞使いマウスの神経難病治療に成功 カフェイン:痛み緩和の効果見つかる 自然科学研究機構

肥満遺伝子あってもやせられる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081108-00000075-mai-soci


今日のラッキーキーワードは、「ダンベル」です。 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。